2011年8月 仙台市にある商業施設で紙飛行機教室を行いました。

仙台港に近い、このアウトレットモールは、3月の地震と津波で大きな被害を受けました。
現在は復活し、素敵な洋服や小物などが店頭に並び、多くのお客さんで賑わっており、
少し、ホッとしました。

私は、学生時代に、仙台市および隣接する多賀城市に10年間住んでいました。
特に、1994年の紙飛行機の全国大会に出場する前の数ヶ月は、
毎日のように仙台港の空き地で、紙飛行機を飛ばし、練習に励みました。
優勝して日本チャンピオンになれたのも、仙台港のおかげであり、ここは思い出の地なのです。

仙台港周辺の道路を走ると、今でも津波に流された車が積まれており、
まだまだ大きな爪痕が残っていました。
少しでも早い復興を願わずにはいられません。



丹波博士の「工作・実験 紙ヒコーキ教室」トップへ