紙飛行機教室の目的と意義

紙飛行機教室 実体験型,科学型,親子型教室

博物館、科学館、市民センター、学校、各種イベント等で、
紙飛行機を製作し、飛ばす教室が開催されています。

紙飛行機も、実際の航空機も、飛ぶ原理、操縦の原理は
同じであるため、工夫次第で、紙飛行機を通じて、
飛行の科学を紹介することができます。


  目的
  ・工作を体験する       ---->モノづくりの面白さ
  ・科学的な考え方に接する   ---->科学的探求心
  ・自分で作った「モノ」で遊ぶ ---->「モノ」への愛着心
  ・親子で同じものを作り、競争 ---->親子のコミニュケーション
  近年の子供たちの問題点
	●子供の,はさみ,ナイフ(人類としての最初の道具)の使い方?
	●理工系ばなれ ---->モノづくり,科学的探求心の低下
	●大学の機械系,電気系に進学する学生
          ---->工作が苦手? 半田付けできる?

 幼少時のあそびの体験が不足
	「モノづくり,科学のセンスは遊び(実体験)の中から
  現状
  ○学校 「あそび」のためには教員の負担 増加
      (新たな企画立案、準備など)
  ○家庭 学習塾,習い事、一人で遊べるゲーム類の普及
       ---->親子で一緒に遊ぶ時間減少
  解決策
  ☆ 第三の機関(科学館,博物館,市民センター,PTAなど)
     実体験型,科学型,親子型イベント
       ------>モノづくり,科学的遊びなどの機会を提供
  ☆「総合的な学習の時間」や「ゲスト・ティーチャー」
     2002年より小中学校に導入の「総合的な学習の時間」の有効活用
     外部の人材による専門性の高い、かつ各分野に横断的な授業


 紙飛行機教室

   単に作るだけでなく,飛行の原理を調べる実験などを
   取り入れた複合的内容の教室の実施

          -----> 上記問題の解決策の一つになりえるはず


次のページ「親子の紙飛行機教室の進め方」へ

トップ / 目次 / 紙飛行機とは / なぜ飛ぶの? / 紙飛行機教室
小中学校での紙飛行機 / 大学での紙飛行機 / 推薦のことば / プロフィール