「生涯学習の時代にふさわしいチャレンジャー」

   菊池 秀之 氏(つくば市教育委員会社会教育課勤務)

 ポジティブの言葉が当てはまるDr.丹波のレクチャー。

  「紙ヒコーキもボーイング-747も飛行原理は同じ」

 この原理の、子供から大人までにわかりやすい解説は圧巻。

 理論ばかりではなく、Dr.丹波オリジナル紙飛行機の手作り体験ができる。

 原理の解説から手作り体験までの流れは、ビギナーでも飽きることなく、逆

に、紙飛行機の魅力にとりつかれてしまう。

 過去に様々な分野の講師のレクチャー風景を拝見したが、Dr.丹波には他の

講師にはないアイディア、そしてファイティングスピリットがあり、生涯学習

の時代にふさわしいチャレンジャーである。

 私も息子とともに、Dr.丹波のスクールに参加した一人である。

 手作り体験が終了し、机上に置かれた自分の完成機。

 周りの参加者の出来ばえが気になり、横目で見ると皆完成度が高い。

 試験飛行は童心に返り熱中。

 楽しい一日はあっという間に終了。

[ 帰宅後、夜は一人自室にこもり、紙飛行機を片手に、FMをBGMに、ブラン

デーグラスを傾けると、一日の体験が幻想のようによみがえり、いつのまにか

心地よい眠りに誘われていった・・・・]

飛行原理では脳を使い、

手作り体験では指先を使い、

試験飛行では身体を使う。

理想的なバランスがとれているスクールである。

Dr.丹波の紙ヒコーキ教室。

あなたにお勧めします。

                        2000年12月18日 

 (1903年12月17日、ライト兄弟が人類初の動力飛行に成功。98年目の初日)


戻る